適当おじさんの適当ブログ

技術のことやゲーム開発のことやゲームのことなど自由に雑多に書き連ねます

Flask(v1.0.2)のログ機能に関するメモ

はじめに Pythonのマイクロフレームワークである Flask のログ機能について調べた時のメモです。バージョンは以下のようになっています。 バージョン Flask 1.0.2 Python 3.7.0 まず、デフォルトのログに関する設定について整理し、その上で何かしら設定する…

React RouterでWebアプリのナビゲーションバーを作ったメモ

はじめに ReactとReact Routerで、以下のようなナビゲーションバーを作成したときのメモです。 この記事では、はじめにReact Routerの各種コンポーネントの概要について触れています。その後、サンプルコードを掲載しています。サンプルはWebアプリケーショ…

Electronアプリ開発時のwebpackの設定について

はじめに こちらの記事 の環境を構築したあとで、webpackの設定をElectron向けに見直したときのメモです。この記事では、メインプロセス・レンダラープロセス関連のモジュールをwebpackで処理するように設定を見直しています。 上記記事では、レンダラープロ…

Electron + React with Babel + Webpack でアプリ開発 〜環境構築編〜

はじめに Electron + React なデスクトップアプリケーション開発の準備時に調べたことのメモです。Yarn, Electron, React, Babel, Webpack の概要と簡単なサンプルを記載しています。これらのライブラリ・ツールの実態がつかめずに抵抗感を抱いている方向け…

2D環境でState Driven Cameraを使った時のメモ

はじめに Cinemachineが提供するカメラの1つで、その名の通り State(状態) を持つカメラです。State ごとに Virtual Camera を割り当てておくと、Stateに合わせて対応するカメラに自動で切り替えてくれます。自分のタイミングやある条件に基づいてカメラを切…

Unity 2D環境でCinemachineを触ってみたのでメモ

はじめに 2D環境でCinemachineを使って以下のことを実現したときのメモです。 キャラクターに追従するカメラ 複数のオブジェクトを画角に納めるカメラ Unityのカメラのことをよくわかっていなかったので、ついでにそのへんも色々と調べました。また、Cinemac…

Flask 1.0 雑ピックアップ

Flaskが1.0になったので変更点や追加機能を雑にまとめていきます。全貌をちゃんと見たい人は、リリースノートや関連するプルリクを見てもらえればと思います。リリースノートの #から始まる数字のリンク が対応するプルリクへのリンクになっています。 Flask…

ラジオボタンをCSSで異なる見た目にしてみたメモ

はじめに ラジオボタン、つまり、<input type="radio"> のクリック領域を広げて、かつ、見た目を変えてみたいと思ってCSSで色々いじくってみたときのメモです。とりあえず、<input type="radio"> を並べただけの以下のようなラジオボタンをカスタマイズしていきます。 <input type="radio" name="default" value="one" checked> 選択肢その1 <input type="radio" name="default" value="two"> 選択肢その2

Rails + Puma + Nginx on CentOS 7 の 環境構築メモ

はじめに Ruby on Rails製のWebアプリケーションを本番環境であるCentOS 7にデプロイしたので、整理も兼ねてそのときのアプリケーションサーバ、Webサーバの設定についてまとめました。この記事ではRubyの環境構築については一切触れません。 環境構築時のバ…

いまさらながら Flask についてまとめる 〜Configuration〜

はじめに いまさらながら Flask について整理していきます。「Flaskとかいうやつを使って、試しにアプリ開発にトライしてみたい」くらいの感覚の人を対象にしています。 Flaskのバージョンは 0.12.2 です。 この記事では、Flaskアプリケーションの設定方法や…